イメージ

マイクロソフト社Internet Explorer のアクティブコンテンツに対する
    仕様変更(2006年4月14日)の対策


2006年4月14日以降にバージョンアップされたInternet Explorer では、HTML文書に埋め込まれた
インタラクティブなオブジェクトが従来同様に動作しなくなり、「このコントロールをアクティブ化して
使用するにはクリックしてください。」 のポップアップメッセージが表示されます。
この問題を回避する方法は添付される readme.txtファイルに記載されてあり、必要なJavaScript ファイル
も添付されています。

1. 従来のFlashオブジェクトの埋め込み方法


下記の方法でHTML文書に埋め込むと、Flashアプリケーションが以前と同じような動作をしなくなります。

<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" codebase="http://fpdownload.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,0,0" width="336" height="288" id="flvp3205_hvc" align="middle">
<param name="allowScriptAccess" value="sameDomain" />
<param name="movie" value="flvp3205_hvc.swf" />
<param name="quality" value="high" />
<param name="bgcolor" value="#ffffff" />
<embed src="flvp3205_hvc.swf" quality="high" bgcolor="#ffffff" width="336" height="288" name="flvp3205_hvc" align="middle" allowScriptAccess="sameDomain" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" />
</object>

2. 弊社の対応

弊社では、オブジェクトタグをJavaScriptで書き出す方法を採用しました。
この方法で埋め込むと、JavaScriptが有効 になっていないとFlashアプリケーションが動作しません。

1. HEADタグ内に次の1行をコピーして下さい。

<script type="text/javascript" src="flash0804.js"></script>

2. BODYタグ内に以下の行をコピーして下さい。

<script>
<!-- flvplayer
xWrite_Flash("ファイル名.swf",横サイズ,縦サイズ,"ID");
//-->
</script>
<noscript>
<p>Flashムービーを表示するには、JavaScriptを有効にしてください。</p>
</noscript>

3. HTMLファイルと同じフォルダに「flash0804.js」ファイルを置いて下さい。

この仕様変更は、Internet Explorerのセキュリティ強化ために実施された処置です。