イメージ

Elp32x-is型設定ファイルの詳細



1.コンフィグファイル(Config File)

コンフィグファイルは、各モジュールの状態を決める重要なファイルです。

elp32x-is.xml


<ProjectName>HofuVideo デモバージョン</ProjectName>
  プロジェクト名(任意)
<LicenseName>HofuVideo_Demo_Version</LicenseName>
  ライセンス名(必須) 指定のライセンス名を記入
<LicenseKey>8d2c92d9fa3964d95c4b8bad30483595</LicenseKey>
  ライセンスキー(必須) 指定のライセンスキーを記入
<TitleBarFile></TitleBarFile>
  タイトルバー(オプション) 外部タイトルバーを読み込む場合はそのURLを記入
<BackgroundColor>#fffff0</BackgroundColor>
  パネルの背景色は任意の色を指定することができます。
  背景色(任意) 「#」と16進数(左からR,G,Bの順)で指定
<Heading>WEB-動画セミナー Elp32x-is型 eラーニングプレーヤー</Heading>
  メインタイトル(単独版は必須、特別版は任意)
<SubHeading>ブロードバンド中速度用の短時間~長時間の動画配信に最適</SubHeading>
  サブタイトル(単独版は必須、特別版は任意)
<RightText1>HofuVideo</RightText1>
  右テキスト1(任意)
<RightText2>http://www.hofuvideo.jp</RightText2>
  右テキスト2(任意)
<Annotation1></Annotation1>
  注釈1(任意)
<Annotation2>コンテンツを表示するには Flash Player8 Pluginが必要です。</Annotation2>
  注釈2(任意)

flvp3203.xml


<Name>chap1</Name>
  名前(任意)
<MovieUrl>chap1/speaker.jpg</MovieUrl>
  静止画ファイル名(必須
<ServerUrl></ServerUrl>
  サーバー名(FMSでは必須、WEBサーバーでは不要)
<LocalPath>chap1/videos/</LocalPath>
  ローカルパス(任意) FLVファイルの置かれるフォルダ名
<VideoUrl>elp/flvp_chap1_demo.xml</VideoUrl>
  ビデオターゲットファイル名(必須) FLVファイル名(FLV)又はターゲットファイル名(XML)

index330276.xml


< Name>chap1< /Name>
  名前(任意)
< IndexType>3< /IndexType>
  インデックスタイプ(必須) WEBサーバーでは3を指定、FMSサーバーでは4を指定
< ItemBarMax>12< /ItemBarMax>
  アイテムバーの表示数(必須) パネル下部にはみ出さない数字を指定
< TotalTime>43:43< /TotalTime>
  合計時間(FMSでは必須、WEBサーバーでは不要)
< IndexUrl>elp/index_chap1_ad.xml< /IndexUrl>
  インデックスターゲットファイル名(必須) 拡張子はXMLのみ

swfv640480.xml


<Name>chap1</Name>
  名前(任意)
<TitleFlag>0</TitleFlag>
  タイトルフラグ(任意)STOP状態で表示される。 スライドありの場合1を指定
<LocalPath>chap1/slides/</LocalPath>
  ローカルパス(任意)スライドファイルが置かれるフォルダ名
<MovieBgUrl>elp/slide00.jpg</MovieBgUrl>
  背景に表示されるスライド名(任意)
  画像ファイル書き換え時に一瞬バックの色が表示されますので
  スライドの背景画像と同様な色(画像)を使用するとショックが少なくなります。
<SwfvUrl>elp/swfv_chap1_demo.csv</SwfvUrl>
  スライドターゲットファイル名(必須) 拡張子はCSVのみ

2. ターゲットファイル(Target File)

ターゲットファイルは、コンフィグファイルによって呼び出されるファイルです。
コンフィグファイルで指定されますので、ファイル名は自由に変更できます。

flvp_chap1.xml


<Number>1</Number>
  番号(任意)
<Title>新山口駅出発(C571、C56160重連)</Title>
  ビデオタイトル(任意)メモとしての役割
<VideoUrl>ld12_291.flv</VideoUrl>
  ビデオファイル名(必須) flvp3203.xml の<LocalPath>が指定してあればフォルダ名は不要
<Duration>01:20</Duration>
ビデオ長(必須)分秒で指定
<Mark mk1="00:00" mk2="00:03" mk3="00:06">3</Mark>
マーカー指定(任意)ビデオクリップ中のマーカー位置指定、「3」の部分の指定数だけ有効になる
<Prev>start</Prev>
前クリップへの移動(必須)start又はplayを指定
<Next>play</Next>
次クリップへの移動(必須)play又はstopを指定
stop位置で停止するので、各項目で停止するには各行にstopを指定する。

index_chap1.xml


<Number>1</Number>
  番号(任意)指定すればタイトル名の前に表示される
<Title>WEB-動画セミナーの特徴(1)</Title>
  タイトル(必須)インデックスメニュー項目名
<Duration>auto</Duration>
  ビデオ長(必須) autoを指定すると自動的に表示される

swfv_chap1.csv


slide01.jpg
スライドファイル名(必須)JPG,GIF、SWF、PNGファイルの表示が可能
swfv640480.xml の<LocalPath>が指定してあればフォルダ名は不要

このファイルに書かれた順番でeラーニングプレーヤーに読み込まれます。
CSVファイルの最終行は必ず改行してください。

XMLファイルにエラーがあると、データの全部または一部が読み込まれないことがあります。
・XMLファイルの構文エラーは、設定ファイルをブラウザ画面上にドラッグすると確認できます。
・XMLファイルは必ずエンコードの種類を「UTF-8」形式で保存してください。
CSVファイルの最終行が改行されていないと、最後のスライドが表示されません。