イメージ

ローカル環境でFlashムービーの動作確認を行う方法


 Windows XP Service Pack 2 以降のセキュリティー機能強化により、ローカルでFlashムービー等の
ActiveXコントロールを動作させるとさまざまな障害が発生します。サーバーにアップロードした場合は
正常に動作するFlashムービーであっても、ローカルでは正常に動作しないといった問題が発生する
ことがあります。 これらの問題を解消するための方法を解説します。

ブラウザのオプション設定を変更すると、セキュリティ機能が低下しますので、 信頼性のないサイトから悪意のある「ActiveXコントロール/プラグイン」をダウンロードしないよう注意してください。 また、必要が無くなったら設定を元に戻すよう心がけてください。


1. Microsoft Internet Explorer(V6.0) の場合

橙丸 症状1: 画面にFlashコンテンツが表示されない。
 ブラウザのFlashムービー部分に何も表示されず空白になる。 又は該当ページが開かない。

緑矢印 対処方法:
 「ツール」-「インターネットオプション」-「セキュリティ」パネルの「レベルのカスタマイズ」で
「Javaアプレットのスクリプト」の項目で、「有効にする」 にチェックを入れる。
「アクティブスクリプト」の項目で、「有効にする」にチェックを入れる。
FlashムービーをJavaScritで表示させている場合は、JavaScript を有効にしないと何も表示されません。

橙丸 症状2: ポップアップブロック警告が表示される
 「セキュリティ保護のため、コンピュータにアクセスできるアクティブコンテンツは表示されないよう、
Internet Explore で制限されています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください。」
と表示される。

緑矢印 対処方法 A:
 上記バーをクリックし「ブロックされているコンテンツを許可」の部分をクリックすると、一時的に
ブロックが解除されます。

緑矢印 対処方法 B:
 「ツール」-「インターネットオプション」-「詳細設定」の中の「マイコンピュータのファイルでの
アクティブコンテンツの実行を許可する」にチェック入れると、ポップアップブロック警告が表示され
なくなります。

2. Mozilla FireFox(V2.0) の場合

橙丸 症状1: 画面にFlashコンテンツが表示されない。
 ブラウザのFlashムービー部分に何も表示されず空白になる。 又は該当ページが開かない。

緑矢印 対処方法:
 「ツール」-「オプション」-「コンテンツ」パネルの「JavaScript を有効にする」 にチェックを入れる。
FlashムービーをJavaScritで表示させている場合は、JavaScript を有効にしないと何も表示されません。

橙丸 症状2: FLV ビデオが再生されない。
 ブラウザに埋め込まれたFlashムービーは表示されますが、Flv ビデオが再生されません。
弊社のFlvプレーヤーの場合、「Now Loading しばらくお待ちください。」の表示が出たままになります。

緑矢印 対処方法:
 ドライブ名以下のローカルパスに全角文字が入らないにすれば問題ありません。

ブラウザの使用比率は、弊社のホームページアクセスでは、Internet Explorerが90.5%、FireFoxが5.9%、Safariが2.3、Operaが0.4%、Netscapeが0.3%の順となっています。 (2008.3月集計)