イメージ

eラーニング教材配信システム

eラーニング教材を配信するには、配信サーバー(Webサーバー又はFMSサーバー)、配信システム(アプリケーション)、 教材(コンテンツ)が必要です。

1. eラーニングシステムの概要

eラーニングシステム

2. 教材配信サーバーについて


 Web教材を配信するには、コンテンツの内容、同時接続数などを考慮して配信サーバーを選ぶ必要があります。
非公開コンテンツの場合は、受講者数などが事前に推測されますのでサーバーの選択が容易ですが、公開
コンテンツの場合は、予想外のアクセスによりサーバーが過負荷になった場合の対策も考慮しておく必要も
あります。

1. 会社ホームページ用サーバーを使用する

 コンテンツ内容が軽い場合、アクセス数が限られる場合には、会社ホームページと同一のサーバーを使用
する こともできます。 この場合、配信用アプリケーションの組込みや管理などの作業を社内の担当者で
全て行う必要があります。

2. レンタルサーバーを新たに契約する

 サーバーの選択は、教材がスライドだけの場合、スライド+音声の場合、スライド+動画の場合など、
コンテンツの内容で違ってきます。 主なチェック項目は、必要なディスク容量、転送量制限(1日、月間)、
接続制限数などですが、共用サーバーや、一部の専用サーバーではそれらの仕様が公開されていない
ことも多く、最適なサーバーを見つけるのは容易ではありません。

 レンタルサーバーを教材配信サーバーとして使用する場合、配信アプリケーションの組込み、コンテンツの
登録、サーバーの保守管理などを外部に委託することができます。

3. 動画コンテンツ専用サーバーを使用する

 動画データや音声データなどを配信する場合、ビットレートや同時接続数などを考慮しないと、動画や音声が
途切れ途切れになってしまい、視聴者に不愉快な思いをさせることになり、結果としてeラーニングの目的が
達成されません。

 通常は配信用Webサーバーと専用のメディア・サーバーを併用して運用することが多いのですが、同時接続数
を多く設定するとたいへん高価なシステムになります。


3. 配信用アプリケーション

の選択

非公開コンテンツを配信するには、ログインIDとパスワードを使用した認証システムを使用するのが
一般的です。 ユーザー登録とログインID、パスワードなどの通知メールを手動で処理するのは、
セミナー担当者(管理者)の負担となりますので、それらを自動的に処理するアプリケーションを
サーバーに組込む方法がとられます。

また、ユーザーのログイン状況などを管理するには「管理用アプリケーション」が別途必要になります。

ユーザー登録・承認のイメージ図 (非公開コンテンツの場合)

汎用eラーニングプレーヤー

ユーザー登録・登録の方法

1. ユーザーがホームページに配置されたセミナーページへのリンクをクリックします。
2. セミナートップページには、セミナーの案内、ログインボタン、新規登録の方法、ユーザー規約、ユーザー登録ボタン
   などが配置されています。 新規にユーザー登録を行うには、ユーザー規約に「同意する」ボタンをクリックします。
3. ユーザー登録画面の登録フォームに必要事項を記入し、「送信」ボタンをクリックすると、登録者に「登録確認メール」が
   管理者に「登録通知メール」が自動的に送信されます。
4. 「登録通知メール」を受信した管理者は登録内容を確認し、承認又は非承認の判断を行います。
   承認する場合は「承認メール」を、非承認の場合は「非承認メール」を、管理ページから送信します。
5. 「受講承認メール」を受け取ったユーザーは、再度ホームページにアクセスし、 セミナートップページを開き、ログイン
   IDとパスワードを入力します。
6. セミナーメニューページから希望するコンテンツを選択し、視聴します。

4. eラーニング学習教材の作成

弊社の静止画プレーヤー動画プレーヤーなどを利用すると、簡単に教材が作成できます。

各種学習内容に最適な、オリジナル eラーニング学習教材の開発を行います。
また、ご希望動画サイズの eラーニングプレーヤーの制作も承ります。
お気軽にご相談ください。

5. 教材配信サーバー委託管理業務

eラーニングコンテンツ配信に必要な各種サポートを行っています。

1. レンタルサーバーの手配

2. レンタルサーバーへの教材のセットアップ
3. ユーザー登録・認証システムの組み込み
4. 受講進捗システムの組み込み
5. サーバー管理業務の年間契約

eラーニング学習教材の配信、コンテンツ制作に関することなら、何なりと御相談下さい。
お問い合わせ: (有)ほうふビデオ Tel:050-5207-1826