イメージ

ホームページで動画再生・サンプルページ



雪の瑠璃光寺、初夏の寂地峡、夏の秋吉台、の動画を再生することができます。

これらのビデオクリップはストック素材の中から選び出したカットを編集したものです。
ビデオ素材を準備すれば、このように、ホームページで動画を再生することができます。

御社で撮影した動画を使って、販売促進用ビデオを作成してみませんか。

 商品説明ビデオ(取り扱い説明ビデオ、構造・機能説明ビデオなど)
 イメージビデオ(ホテルの周囲環境ビデオ、観光誘致用ビデオなど)
 その他

ビデオ編集からインターネットでの公開まで、ほうふビデオがお手伝いします。

ビデオ撮影
   デジタル機器が身近なものとなり、誰でも簡単に高画質のビデオが撮影できるようになりました。
   「山口の風景・動画」でご覧いただいたように、三脚でカメラを固定すれば特殊なカメラテクニックは
   必ずしも必要ありません。写真や動画をうまく組み合わせると立派な販促用動画となります。

ナレーション原稿作成
   何をどのように伝えるのか。それを一番知っているのは当事者本人です。ナレーション原稿の作成は
   原則的に伝えたい人が行う必要があります。元になるナレーション案と素材の取捨選択ができて
   いれば次のビデオ編集処理に進めます。

ビデオ編集
   これまでビデオ編集は近くの業者へ依頼する必要がありました。その理由は編集内容の確認の
   ため直接会って打合せを行う必要があったからです。最近ではインターネットの会員制ディレクトリ
   を使っての動画確認、メールでの指示などで、顔を合わせなくても編集ができるようになりました。

BGMの挿入
   ビデオ編集にはBGMが欠かせません。公開するビデオに使うBGMは著作権や著作隣接権のある
   市販のCDなどを利用することはできません。 著作フリーの市販BGM、業務用BGMなどから
   イメージにあった曲を選ぶ必要があります。

ナレーションの挿入
   身近な人にお願いしてナレーションを録音し使用することもできますが、販売促進用ビデオの場合
   あまりお勧めできません。やはり専門のナレーターさんに依頼する方がベターでしょう。
   

エンコード処理
   動画をインターネットで公開するには、編集データをエンコード処理(圧縮)する必要があります。
   使用するファイル形式や圧縮率の決定。また、必ずストリーミング用ビデオデータへ変換することも
   忘れてはなりません。

インターネットで公開
   動画ファイルができ上がればホームページで公開することは簡単にできます。一般的に行われている
   別ウインドウでの再生の場合自分でもできますが、ページ内にプレーヤーを埋め込んだり、複数の
   ビデオクリップを切り替える場合など、手に負えない時はご相談ください。

レンタルサーバーについて

インターネットで動画を公開しようとした場合、ホームページの容量をチェックする必要があります。
現在運用中のサーバーでは容量が足りない場合、新たにレンタルサーバーを借りることになります。

大容量のハードディスクを備えた低価格なサーバーをご紹介します。

 

■ ホームページで動画再生・参考ページ

ホームページで動画再生を行うために必要な基礎知識

「エンコードとは?」「ストリーミング再生とは?」「ストリーミングビデオを再生するには」
「FLASH ビデオを使ったストリーミング再生」の記事があります。

「ホームページで動画再生」 ページにジャンプする

FLVプレーヤーの制作・販売のご案内

flva32a01イメージ

ビデオファイルの単独再生やメニュー付きプレーヤーとして
使用できる汎用型「Flashビデオプレーヤー」をご紹介します。
設定ファイルを編集することでクリップの変更などが簡単に
行えます。

FLASHビデオプレーヤーのページにジャンプする

教材制作用 「eラーニングプレーヤー」ページのご案内

「スライド付 eラーニングプレーヤー」「動画再生用 eラーニングプレーヤー」「動画2画面再生用
eラーニングプレーヤー」 「スライドビューア」などが紹介されています。

「eラーニングプレーヤー」 ページにジャンプする